Fashion Beauty

ネイルスクールに通おう|日本一のネイリストになるには

スキルアップを目指す

自信にも繋がる検定

マニキュア

指先のお洒落と言えば、ネイルアートを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。少し前まではマニキュアが主流でしたが、最近ではジェルネイルやスカルプチュアなども人気です。マニキュアはポリッシュと言われ、従来からあるもので爪に塗って色を付けます。除光液で簡単に取ることができるので、自宅でも手軽に楽しむことができます。ジェルネイルは、合成樹脂でできたジェルを、UVライトやLEDライトで固めて定着させるものです。スカルプチュアは、アクリル樹脂を使用した人工の爪を付けることを言います。そんなネイルアートを施すネイリストは、人気の職業です。ネイリストになるには、必要な資格などはありません。しかし、もちろん知識や技術がないとネイリストになることはできません。国家資格はありませんが、ネイル検定というものはあります。ネイル検定に合格するには、ネイルアートの技術だけではなく、爪の構造や病気、道具の使い方などの知識も必要です。ネイル検定に合格しておくと、どこかのネイルサロンに就職するにしても、自分で独立してネイルサロンを開くにしても、有利になります。よく知られているネイル検定は、日本ネイリスト協会が行っているもので、1級、2級、3級、更に1級より上の認定講師のレベルがあります。プロのネイリストを目指すなら、2級以上の検定に合格しておくと良いでしょう。ネイル検定に合格することによって、技術や知識が身に付くだけでなく、自信にも繋がります。

取得にかかる費用

ネイルアート

ネイル検定にはいくつかの種類があります。ネイリストになるのに、厳密にいうと資格は必須ではありませんが、ネイル検定を持っていないとサロンへの就職はかなり厳しいため、多くの人がネイル検定を取得しています。ネイル検定は何級かに分かれていることが多いです。一番下の級は学歴や年齢などの条件を満たしていれば受験できますが、上位級になるとその下の級を合格していないと受験できなくなります。受験そのものにかかる費用はそこまで高くありません。上位級になるほど費用は高くなる傾向にありますが、それでも最上級で10000円前後の受験料です。下位級だと5000円前後であることが多いです。ですが、ネイル検定は独学で合格できるほど甘くありません。ネイルを行うには爪の甘皮の処理や安全なネイルの落とし方など、実技指導を受けなければわからないポイントが多くあります。そのため、多くの人はスクールに通ってからネイル検定を受講します。ネイルサロンへの就職を考えるのならば最上位の級まで取得しておく方が良いでしょう。そうなるとスクールの受講期間も長くなる傾向にあり、半年から一年半ほどかかります。受講料はスクールによりピンキリですが、安いスクールで50万円ほど、高いスクールだと200万円ほどかかることもあります。決して安い金額ではないので、スクールの内容をよく精査して選びましょう。通信講座もありますが、実技指導を受けるためにはスクーリングがある講座の方が安心です。

ネイルの資格の必要性

手

指先をキレイにしてくれるネイルサロンが人気です。このためネイリストを目指すが増えています。最初から職業として目指す人もいれば、自身の爪をキレイにするためのスキルを身につけたい人と様々です。趣味で始めて友人や家族の爪先をキレイにしてあげると喜ばれ、次第に上達するとプロになりたくなる人もいます。ネイリストになるためには国家資格は不要です。しかしネイルのスキルがあるだけでは中々採用されません。その理由はネイルのスキル以外にも衛生面の知識や爪についての知識も必要だからです。これらの知識を身につけるために利用されるのがネイル検定です。ネイル検定は民間の資格ですが、取得に向けて勉強することで先程紹介したような基礎知識が身につきます。ネイル検定は義務教育を修了すれば、誰でも受験できます。ランクによって難易度が変わりますので、初心者の方は3級のネイル検定試験をまずはチャレンジしてみましょう。将来ネイルサロンに勤めることを目指すなら2級以上は取得しておきたいところです。ネイル検定を取得しておくと就職に大変有利ですし、基礎知識が身につくことでネイルのスキルも格段に上達します。資格取得に向けた勉強方法は色々あります。実技試験もありますので、専門学校で実技の指導を受けるのが理想ですが、認定機関が販売している通信講座も非常に評判が良いです。最初は費用をかけず独学で勉強したいのであれば、認定機関の発行するテキストを購入して勉強するのも良いでしょう。