Fashion Beauty

ネイルスクールに通おう|日本一のネイリストになるには

レベルを知ることで

資格のレベルと特徴

爪

ネイル検定はネイルの専門的な知識や技術を判定する資格試験として注目されており、三級から一級までのレベルが存在しています。そんなネイル検定ですが、三級に関してはネイルに関する初歩的なことが問われるレベルであり、難易度もそれほど高いわけではありません。しかしその上の二級に挑戦するためには、三級をクリアしているといった条件があります。まずは三級からチャレンジすることが基本となっており、それより上の一級に関しても、やはり二級をクリアしていなければならないため、ネイル検定では飛び級制度は存在していません。ちなみにおもな勉強期間としては、最短期間として三級で三カ月は必要であり、二級ではそれにプラスして三カ月なので半年、そして一級ではさらにそれに半年はかかるために一年は必要です。また三級は初心者レベルですが、二級ではプロとして活躍するためのレベルとなっており、サロンへの就職や転職には、二級クリアが条件となっているケースもよくあります。また、一級になるとそれ以上のレベルを求められるため、独立なども視野に入っているネイリストが挑戦するケースが多い傾向にあります。ちなみにネイル検定試験の回数についても級によって違いがあり、三級と二級に関しては年に四回ほどあるパターンが多いです。しかし、一級だけは年に二回となっており、試験回数が少ない傾向にあります。それゆえにできるだけ最短で試験をクリアしたい場合、独学よりはサポート体制が整っているため、スクールや講座などを利用した方が合格率も高まるとして脚光を集めています。

どちらも重視される

爪

ネイル検定の試験には、学科の試験と実技の試験があり、どちらも重視されています。筆記試験では、ネイリストとして働くための知識が重視されます。ネイルに関する問題が出されるのですが、隣接した分野の問題も出題されます。例えば、衛生についての問題が出題されるので、念入りに勉強しておかなければなりません。実技に比べたら、筆記は受けやすい面があります。ネイルをするための知識が書かれた本の内容をしっかりと頭の中に入れておけば、解答できます。それから3級のネイル検定は、マークシート方式です。どの級でも8割以上取れたら、合格できる可能性が高まります。筆記試験でよく出題される項目は決まっているので、その部分を特に勉強しておかなければなりません。爪と皮膚の病気については、出題されることが多いです。テキストを読んで、この文をきちんと頭の中に入れましょう。ネイル検定は実技の試験の方が、難しいと言われています。その理由は、実技試験では実際のネイルの作業を試験官の前で、しなければならないからです。できるだけ緊張しないで、落ち着いてする必要があります。もう一つの難しさは、チェックポイントの多さです。例えば、3級では18個のチェックポイントがあります。一例をあげると、ブラシダウンを行わない場合は減点の対象になります。2級になると、さらにチェックポイントが増えて、20以上になります。例えば、ポリッシュ塗装が手抜きだったら、減点されます。実技に合格するには、ネイル検定の実技を本番の前に練習することが必要です。

ネイルでイメージアップ

ネイルアート

今、ネイル検定が注目を集めています。そもそもネイルは、アートに近い感覚で手足の爪にマニキュアなどで化粧や装飾をすることです。若い女性がおしゃれ目的で行うことが多いですが、ネイルはただのおしゃれではなくなっています。職場で女性が化粧をするように、マニキュアも爪を美しく見せることでイメージを上げることにつながるからです。そのため、スキルとしても役に立つネイル検定の注目度が高まっています。手を使うことが多い仕事や商談や外回りがある営業など、身なりを整えることが欠かせない場合がビジネスには多々あります。爪先まで綺麗にすればそれだけでイメージは良くなります。ネイル検定はそのようなビジネスの場において需要が高く、プロのネイリストの店を利用する客も増え、さらにネイル検定の試験を受ける者も増え続けているのです。ネイル検定は他の資格と同じようにメジャーなものとなっており、資格取得のためのコースが設けられている専門学校の数も増えています。また、働きながら検定受験を考える人のために通信講座の開講やテキストが多く販売されており、誰でも無理なく自分のペースで勉強をすることが可能です。筆記試験だけではなく人の爪を綺麗にするスキルが求められるため、プロのネイリストによる直接指導を受けることができる機会が設けられていることも人気の理由の一つです。ただ派手なネイルを施すだけでなく、その場に適した美しい爪に仕上げる技術もネイル検定により磨けます。